RI.D2620静岡第2グループ富士宮RC会長 挨拶

国際ロータリー2620地区静岡第2グループ富士宮ロータリー会長

2020-21年度国際RC2620地区静岡第2グループ
     富士宮ロータリー会長    齋藤 文彦

2020~2021年度 会長所信

テーマ [友情と人脈づくりから   
 個人を成長させ、組織を強くする]

 国際ロータリー ホルガー・クラーク会長は2020~2021年度のテーマとして「ロータリーは機会の扉を開く」で、ロータリーとは「無限の機会への招待」であり「インスピレーションを与えることで扉は開かれる」と伝えています。
 会長は、有機的かつ持続可能なかたちで、いかにしてロータリーを成長させることができるかを考え、いかに現会員を維持しクラブにふさわしい新会員を募れるか。そして「立ちはだかる課題に立ち向かうために、いかに組織を強くできるか」だと伝えています。
 ロータリーの基本である "四つのテスト"は生活や仕事の場面でつねに自問します。
 人口減少が進む中で"共生社会""一億総括役社会"とは年齢や傷害の有無にかかわらず、地域の住民がこれまで積み重ねてきた「歴史」「伝統」「習慣」「風土」等を重視し、一人ひとりが活躍でき支え合える「場」や、地域に必要な機能をともに検討していく役割を、それぞれができることを地域で行っていける町づくりを目指して参ります。
 皆様の絶大なるご協力をお願いするとともに、楽しい一年になりますように頑張っていきます。